ふ/フ(その1)

ふぁるこん・すてーくす 〜 ふちゅう・ひんば・すてーくす

ふぁるこん・すてーくす【ファルコンステークス】

最終更新:2011/03
 中京競馬場の芝1200mで行われている3歳馬限定のG3レース。ファルコ
ン(Falcon)は英語でハヤブサの意味。

 第1回が行われたのは1987(昭和62)年。当時の名称は中日スポーツ賞4
歳ステークスで、芝1800mを舞台にして実施された。2000m前後の距離を得
意とする馬のレースとして親しまれていたものの、1996(平成8)年に距離
が1200mへ短縮され、短距離馬のための重賞へと生まれ変わった。更に2001
(平成13)年にはサラブレッドの年齢表記が数え年から満年齢に切り替わっ
たのと時を同じくして、レース名がファルコンステークスへ変更された。

 以前は毎年6月に行われていたことから、3月のクリスタルカップ(廃止
)で結果を出した馬や5月のNHKマイルカップで距離を原因にして惨敗し
た馬などが注目を集めていた。しかし、現在はクリスタルカップと入れ替わ
るようにして毎年3月に行われるようになったことから明確な前哨戦は存在
せず、各地で行われる1200mのレースで結果を出した馬がそのまま人気にな
ることが多い。ただし、この時期の3歳馬ははっきりと得意な距離が判明し
ている訳ではないため、これまで結果を出していなかった馬が思わぬ走りを
見せることもあり、波乱も少なくない。

 用語 >> クリスタルカップ NHKマイルカップ

レースの格

G3

開催競馬場

中京競馬場

距 離

芝・1200m

出走条件

3歳・別定

賞 金

1着:3900万円

レース優勝馬

2006年:タガノバスティーユ     [詳細]
2007年:アドマイヤホクト      [詳細]
2008年:ダノンゴーゴー       [詳細]
2009年:ジョーカプチーノ      [詳細]
2010年:エーシンホワイティ     [詳細]


ふぁんたじー・すてーくす【ファンタジーステークス】

最終更新:2009/11
 京都競馬場の芝1400mで行われている2歳牝馬によるJpn3レース。ファン
タジー(Fantasy)は英語で空想、幻想の意味。

 第1回が行われたのは1996(平成8)年。2歳牝馬にとって最大目標とな
る阪神ジュベナイルフィリーズ(旧:阪神3歳牝馬ステークス)への前哨戦
という意味合いで新設された。

 各地の新馬戦やオープン、重賞を勝った牝馬がこのレースに集結すること
になり、ここで上位になると本番である阪神ジュベナイルフィリーズの主役
へと躍り出ることになる。また、地方競馬の所属馬も2頭を上限として出走
ができ、2着以内になると地方所属でありながら阪神ジュベナイルフィリー
ズへの出走が可能となる。

 歴史は浅いながらもプリモディーネ、スイープトウショウ、ラインクラフ
ト、アストンマーチャンといった実力馬を輩出していて、このレースで好成
績を残したた馬は暮れの阪神ジュベナイルフィリーズだけではなく、3歳以
降も注目する必要がある。

 用語 >> 阪神ジュベナイルフィリーズ

レースの格

Jpn3

開催競馬場

京都競馬場

距 離

芝・1400m

出走条件

2歳牝馬・馬齢

賞 金

1着:3000万円

レース優勝馬

2004年:ラインクラフト       [詳細]
2005年:アルーリングボイス     [詳細]
2006年:アストンマーチャン     [詳細]
2007年:オディール         [詳細]
2008年:イナズマアマリリス     [詳細]


ふぃりーず・れびゅー【フィリーズレビュー】

最終更新:2011/03
 阪神競馬場の芝1400mで行われている3歳牝馬のG2レース。アネモネス
テークスや重賞のチューリップ賞とともに桜花賞トライアルに指定されてい
て、3着以内の馬には桜花賞に優先的に出走できる権利が与えられる。英字
はFillies' Revueで、Fillyは4歳以下の牝馬、Revueは舞踊劇の意味。

 第1回が行われたのは1967(昭和42)年。当時は阪神4歳牝馬特別という
名称で実施されていた。その後、1983(昭和58)年に4歳牝馬特別へと改め
られたが、優駿牝馬(オークス)の前哨戦となるレース(現在のフローラス
テークス)も同様に4歳牝馬特別という名称で行われていたため、区別する
ためにこちらのレースは桜花賞トライアルや報知杯4歳牝馬特別などと呼ば
れていた。その後、2001(平成13)年に馬の年齢が数え年ではなく、満年齢
で表記されるようになったのを契機にレース名が現在のフィリーズレビュー
へと改められ、はっきりと区別されるようになった。

 このレースで上位となった馬は3歳牝馬の最大目標となる牝馬クラシック
第1弾、桜花賞へと向かうことになる。このレースと桜花賞の両方を制した
馬には、テスコガビーやメジロラモーヌ、キョウエイマーチ、ラインクラフ
トなどがいる。

 用語 >> チューリップ賞 桜花賞トライアル 桜花賞 優駿牝馬
     フローラステークス
 資料 >> トライアルレース一覧

レースの格

G2

開催競馬場

阪神競馬場

距 離

芝・1400m

出走条件

3歳牝馬・馬齢

賞 金

1着:5200万円

レース優勝馬

2006年:ダイワパッション      [詳細]
2007年:アストンマーチャン     [詳細]
2008年:マイネレーツェル      [詳細]
2009年:ワンカラット        [詳細]
2010年:サウンドバリアー      [詳細]


ふぇありー・すてーくす【フェアリーステークス】

最終更新:2011/04
 中山競馬場の芝1600mで行われる3歳牝馬のG3レース。レース名のフェ
アリー(Fairy)は英語で妖精の意味がある。

 第1回が行われたのは1984(昭和59)年。当時はテレビ東京賞3歳牝馬ス
テークスという名称で、芝1600mを舞台にして行われた。1991(平成3)年
になると芝1200mへと距離が短縮され、1994(平成6)年に現在の名称であ
るフェアリーステークスへと名前が変更された。

 2007(平成19)年までは毎年12月に2歳牝馬の重賞として実施されていた
ものの、開催時期を繰り下げて毎年1月に3歳牝馬の重賞として実施するこ
とになり、この影響で2008(平成20)年はレースが実施されなかった。また
これと同時に距離も芝1600mへと再び延長されている。

 暮れの阪神ジュベナイルフィリーズで結果を出せなかった馬と新馬戦や条
件戦を勝ち上がった馬とが激突するレースとして知られている。

 用語 >> 中山競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ

レースの格

G3

開催競馬場

中山競馬場

距 離

芝・1600m

出走条件

3歳牝馬・別定

賞 金

1着:3700万円

レース優勝馬

2007年:ルルパンブルー       [詳細]
2008年:レース時期移行により実施せず
2009年:ジェルミナル        [詳細]
2010年:コスモネモシン       [詳細]
2011年:ダンスファンタジア     [詳細]


ふぇぶらりー・すてーくす【フェブラリーステークス】

最終更新:2011/02
 東京競馬場のダート1600mで行われているG1。フェブラリー(February
)は英語で2月の意味。下半期に行われるジャパンカップダートとともにJ
RAで行われるダートのG1として注目度が高く、実力馬が多く参戦するこ
とで知られている。

 第1回が開催されたのは1984(昭和59)年。当時は芝のレースに比べると
ダートのレースは重要視されておらず、このレースもG3のハンデキャップ
戦として実施されていた。その後、1994(平成6)年にG2へ格上げされ、
それと同時にレースの名称もフェブラリーハンデキャップからフェブラリー
ステークスへ変更された。ライブリマウント、ホクトベガといったダートの
実力馬を輩出して、徐々にレースのレベル、注目度が高まりつつあった1997
(平成9)年にG1へと昇格。当時はジャパンカップダートが存在しなかっ
たため、JRA唯一のダートコースのG1としてダートを得意とする馬の最
大目標となった。

 地方競馬の所属馬にも門戸が開かれており、最大で5頭まで地方馬が出走
でき、1999(平成11)年に岩手のメイセイオペラが地方馬としては初となる
JRAのG1制覇を成し遂げた。現在では頭数の制限はなく、JRAの所属
馬と同じように賞金順で上位になると出走が可能となる。

 また、海外を目指す馬にとっても重要となるレースで、世界最高賞金額で
争われるドバイワールドカップへ向かう馬が国内での最終戦としてフェブラ
リーステークスに出走するケースも多い。

 用語 >> 東京競馬場 ジャパンカップダート ドバイワールドカップ

レースの格

G1

開催競馬場

東京競馬場

距 離

ダート・1600m

出走条件

4歳以上・定量

賞 金

1着:9400万円

レース優勝馬
歴代記録

2001年:ノボトゥルー        [詳細]
2002年:アグネスデジタル      [詳細]
2003年:ゴールドアリュール     [詳細]
2004年:アドマイヤドン       [詳細]
2005年:メイショウボーラー     [詳細]
2006年:カネヒキリ         [詳細]
2007年:サンライズバッカス     [詳細]
2008年:ヴァーミリアン       [詳細]
2009年:サクセスブロッケン     [詳細]
2010年:エスポワールシチー     [詳細]


ふか・しょう【付加賞】

最終更新:2008/07
 レースで得られる賞金の1つ。特別レース、重賞レースに出走する際には
特別登録料をJRAに支払うことになるが、この特別登録料を1着馬:70%
2着馬20%、3着馬10%の割合で分けたものが付加賞の金額になる。

 ちなみに特別登録料の金額は、3歳以上のG1(Jpn1)レースが1頭につ
き30万円、2歳のJpn1レースと3歳以上のG2(Jpn2)レースは10万円、2
歳のJpn2レースとその他の重賞レースが5万円、特別レースが3万円と決め
られている。

 用語 >> 重賞

ふくしま・きねん【福島記念】

最終更新:2009/11
 福島競馬場の芝2000mで行われているG3レース。秋の福島開催を締めく
くるハンデキャップの重賞として親しまれている。

 第1回は1965(昭和40)年。開始当初は夏に開催されていたものの、1973
(昭和48)年からは秋に行われており、現在は毎年11月下旬に開催されてい
る。天皇賞・秋やジャパンカップなどといったG1レースでは力が足りない
と思われる馬が出走する他、条件戦を勝ったばかりで実績の足りない馬が経
験を積むため出走することになる。

 用語 >> 天皇賞・秋 ジャパンカップ

レースの格

G3

開催競馬場

福島競馬場

距 離

芝・2000m

出走条件

3歳以上・ハンデキャップ

賞 金

1着:4100万円

レース優勝馬

2004年:セフティーエンペラ     [詳細]
2005年:グラスボンバー       [詳細]
2006年:サンバレンティン      [詳細]
2007年:アルコセニョーラ      [詳細]
2008年:マンハッタンスカイ     [詳細]


ふくしま・ひんば・すてーくす【福島牝馬ステークス】

最終更新:2011/04
 福島競馬場の芝1800mで行われている4歳以上の牝馬によるG3レース。
英字ではFukushima Himba Stakes。

 このレースの前身はカブトヤマ記念。国産種牡馬の子供のみが出走できる
父内国産馬限定の重賞としてファンに親しまれていたが、父内国産馬のレベ
ル向上などにより必要性が低下したと判断され、2003(平成15)年をもって
廃止。翌2004(平成16)年に福島牝馬ステークスとして生まれ変わり、第1
回が実施された。

 4歳以上の牝馬にとっては目標となるレースが秋のエリザベス女王杯しか
なく、春は牡馬と戦うしかなかった。しかし、2006(平成18)年にヴィクト
リアマイルが新設されたことによって春にも目標が出来、福島牝馬ステーク
スはその前哨戦としての意味合いを持つようになった。年明けの京都牝馬ス
テークス、中山牝馬ステークスを走った馬などがこのレースを経て大舞台に
向かうことになる。

 用語 >> カブトヤマ記念 エリザベス女王杯 ヴィクトリアマイル
     京都牝馬ステークス 中山牝馬ステークス

レースの格

G3

開催競馬場

福島競馬場

距 離

芝・1800m

出走条件

4歳以上牝馬・別定

賞 金

1着:3800万円

レース優勝馬

2007年:スプリングドリュー     [詳細]
2008年:マイネカンナ        [詳細]
2009年:ブラボーデイジー      [詳細]
2010年:レジネッタ         [詳細]
2011年:フミノイマージン      [詳細]


ふじ・すてーくす【富士ステークス】

最終更新:2008/07
 東京競馬場の芝1600mで行われていたG3レース。2007(平成19)年から
は条件をほぼ変えずにサウジアラビアロイヤルカップ富士ステークスとして
実施している。レースの詳細はそちらの項目にて解説。

 用語 >> 東京競馬場 サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス

ふちゅう・ひんば・すてーくす【府中牝馬ステークス】

最終更新:2009/10
 東京競馬場の芝1800mで行われている牝馬限定のG3レース。府中は東京
競馬場の所在地の名前(東京都府中市)。

 第1回が行われたのは1953(昭和28)年と歴史は古く、当時は芝2000mの
ハンデキャップ戦で、レースの名も東京牝馬特別として行われた。第3回の
1955(昭和30)年に距離が1600mへと短縮されたものの、秋の牝馬限定重賞
として数々の名牝を生み出してきた。1965(昭和40)年になるとレース名を
牝馬特別へ改称、さらに2年後の1967(昭和42)年に日刊紙の東京タイムズ
の名を冠して牝馬東京タイムズ杯へと改称された。しかし、1992(平成4)
年に東京タイムズが休刊になったのを機に再び改称、現在の府中牝馬ステー
クスへと改められた。また、距離は1996(平成8)年になって芝1800mへと
延長されている。

 現在では牝馬にとって秋の目標となるG1エリザベス女王杯への前哨戦と
しての意味合いが強く、過去の勝ち馬にはメジロドーベルやトゥザヴィクト
リーの名前も並んでいる。また、エリザベス女王杯を目指す地方競馬の所属
馬も3頭まで出走が可能で、このレースで2着までに入ると本番へと進むこ
とができる。

 用語 >> 東京競馬場 エリザベス女王杯

レースの格

G3

開催競馬場

東京競馬場

距 離

芝・1800m

出走条件

3歳以上牝馬・別定

賞 金

1着:3900万円

レース優勝馬

2005年:ヤマニンアラバスタ     [詳細]
2006年:デアリングハート      [詳細]
2007年:デアリングハート      [詳細]
2008年:ブルーメンブラット     [詳細]
2009年:ムードインディゴ      [詳細]

↑ページtopへ