に/ニ(その2)

にゅー・いやー・かっぷ 〜 にゅーじーらんど・とろふぃー
■ このページに収録している用語
ニューイヤーカップ
ニュージーランドトロフィー
 「日本テレビ盃」以前の用語は → その1

にゅー・いやー・かっぷ【ニューイヤーカップ】

最終更新:2008/05
 浦和競馬場のダート1600mで行われている南関東地区の重賞で、格付けは
S3。1月に開催される3歳馬限定のレースで、ニューイヤー(New Year)
は英字で新年の意味。

 第1回が行われたのは1958(昭和33)年で、当時はニューイヤーハンデと
呼ばれる古馬のハンデ重賞だった。その翌年に3歳馬(旧表記4歳)限定の
重賞となり、1962(昭和37)年から現在のレース名であるニューイヤーカッ
プへと改められている。

 このレースの後は、同じく浦和の1600mで開催される重賞しらさぎ賞や、
大井の京浜盃などを経て南関東のクラシック第1弾となる羽田盃、牝馬であ
れば(浦和で行われる)桜花賞へ向かう。

 用語 >> 浦和競馬場

レースの格

浦和競馬 重賞(南関東S3)

開催競馬場

浦和競馬場

距 離

ダート・1600m

出走条件

3歳・定量

賞 金

1着:1000万円

レース優勝馬

2004年:ベルモントストーム
2005年:ナイトスクール
2006年:コーラススター
2007年:レッドドラゴン
2008年:ゲンキチホマレ


にゅーじーらんど・とろふぃー
 【ニュージーランドトロフィー】

最終更新:2011/04
 中山競馬場の芝1600mで行われている3歳馬限定のG2。なお、去勢され
たセン馬は出走できない。英字はNew Zealand Trophy。

 レースの前身は条件戦のグリーンステークス。1971(昭和46)年に第1回
が行われたこのレースは、ニュージーランドのベイオブプレンティレーシン
グクラブから優勝カップの寄贈を受けて実施された。その後、1983(昭和58
)年に重賞へ昇格、それと同時にニュージーランドトロフィー4歳ステーク
スとレース名が変更になった。当時はNHKマイルカップが存在しない上に
東京競馬場の芝1600mで行われていたことから、芝2400mの東京優駿(日本
ダービー)や優駿牝馬(オークス)では距離が長すぎる短距離馬にとっての
春の最大目標となるレースだった。また、クラシックに出られなかった外国
産馬もこのレースを目標としていて、一時期はシンコウラブリイやヒシアマ
ゾンといった実力のある外国馬が勝利を飾るシーンも多く見られた。

 転機が訪れたのは1996(平成8)年。5月にNHKマイルカップが新設さ
れたことにより、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスは春の大目標
という位置づけから、NHKマイルカップの前哨戦という位置づけに様変わ
りした。それでもシーキングザパールやエルコンドルパサーなどが活躍し、
本番に向けての重要な1戦であったが、2000(平成12)年に舞台が東京競馬
場から中山競馬場に移されてから状況が一変。ニュージーランドトロフィー
で上位だった馬が本番で活躍するケースが減り、競馬ファンにとっては悩ま
しい状況が続いている。

 2001(平成13)年に馬の年齢表記が数え年から満年齢に改められた際に名
称から4歳ステークスが削除され、現在はニュージーランドトロフィーとし
て実施されている。また、NHKマイルカップトライアルに指定されていて
3着までになると本番に優先的に出走できる権利が与えられる。

 用語 >> 中山競馬場 NHKマイルカップ 東京優駿 優駿牝馬
     外国産馬 NHKマイルカップトライアル
 資料 >> トライアルレース一覧

レースの格

G2

開催競馬場

中山競馬場

距 離

芝・1600m

出走条件

3歳牡馬牝馬・馬齢

賞 金

1着:5400万円

レース優勝馬

2006年:マイネルスケルツィ     [詳細]
2007年:トーホウレーサー      [詳細]
2008年:サトノプログレス      [詳細]
2009年:サンカルロ         [詳細]
2010年:サンライズプリンス     [詳細]

↑ページtopへ