す/ス

すていやーず・すてーくす 〜 すわん・すてーくす

すていやーず・すてーくす【ステイヤーズステークス】

最終更新:2010/12
 中山競馬場の芝3600mで行われているG2。平地競走としては最長の距離
で行われ、長距離レースを走りきるスタミナが要求されることになる。英字
表記はStayers Stakesで、ステイヤー(Stayer)は長距離走者の意味。

 第1回が行われたのは1967(昭和47)年で、当時はハンデ戦として開催さ
れた。1971(昭和46)年には馬のインフルエンザが大流行した影響を受けて
レースが中止となったが、それ以外は毎年のように長距離を得意とする馬が
多く参戦している。G3として開催されていたが、1997(平成9)年にG2
へと格上げされ、同時にハンデ戦ではなく、別定戦へと改められた。

 2400m以上の距離を得意とする馬が多く参戦することになり、2500mのア
ルゼンチン共和国杯からステイヤーズステークスへと挑んでくる馬が多い。
このレースの後はG1の有馬記念、または年明けの長距離重賞であるダイヤ
モンドステークス、阪神大賞典などを経て、芝3200mで争われる春の天皇賞
へと向かうことになる。

 用語 >> 中山競馬場 アルゼンチン共和国杯 有馬記念
     ダイヤモンドステークス 阪神大賞典 天皇賞・春

レースの格

G2

開催競馬場

中山競馬場

距 離

芝・3600m

出走条件

3歳以上・別定

賞 金

1着:6400万円

レース優勝馬

2005年:デルタブルース       [詳細]
2006年:アイポッパー        [詳細]
2007年:マキハタサイボーグ     [詳細]
2008年:エアジパング        [詳細]
2009年:フォゲッタブル       [詳細]


すぱーきんぐ・れでぃー・かっぷ
 【スパーキングレディーカップ】

最終更新:2008/07
 川崎競馬場のダート1600mで行われている牝馬限定のJpn3レース。英字で
はSparking Lady Cup。レース名が長いために、スパーキングレディーCや
スパーキングLC等と省略されて書かれることもある。川崎競馬場で活躍し
たホクトベガの功績をたたえて1998(平成10)年から「ホクトベガメモリア
ル」の冠がついているが、ホクトベガ自身がスパーキングレディーカップに
出走したことは無い。

 1997(平成9)年に第1回が開催されたときには現在とは違って3歳牝馬
限定のダート2000mで争われる重賞だった。翌1998(平成10)年から4歳以
上の牝馬が出走できるようになり、同時にJRA所属馬や他の地方競馬所属
馬も参戦できるようになった。距離もこの年からダート1600mに変更して実
施されている。また、2001(平成13)年までは毎年9月に行われていたが、
2002(平成14)年からは時期を繰り上げて7月へと変更になっている。

 牝馬はデビューから3歳前半までは牝馬限定のレースが豊富にあるものの
一方で3歳後半からは牝馬同士で走れるレースが極端に少なくなる傾向にあ
る。そのため、このレースのように4歳以上でも出走できる牝馬限定のレー
スは貴重な存在となっている。

 用語 >> 川崎競馬場

レースの格

Jpn3

開催競馬場

川崎競馬場

距 離

ダート・1600m

出走条件

3歳以上牝馬・別定

賞 金

1着:3000万円

レース優勝馬

2004年:グラッブユアハート     [詳細]
2005年:トーセンジョウオー     [詳細]
2006年:レマーズガール       [詳細]
2007年:メイショウバトラー     [詳細]
2008年:トーセンジョウオー     [詳細]


すぷりんぐ・すてーくす【スプリングステークス】

最終更新:2011/03
 中山競馬場の芝1800mで行われている3歳馬のG2。後に控えるクラシッ
クと同様にセン馬は出走できない。スプリング(Spring)は春の意味で、英
字ではSpring Stakes。

 第1回が行われたのは1952(昭和27)年。当時は東京競馬場の芝1600mで
実施されたが、1958(昭和33)年に中山競馬場へと舞台を移すとともに距離
を芝1700mへと延長、1960(昭和35)年になってから芝1800mへ再度距離を
延長して現在に至っている。

 皐月賞トライアル競走に指定されているため、スプリングステークスで3
着までになると皐月賞に優先的に出走できる権利が与えられる。過去にコダ
マ、シンザン、ハイセイコー、ミホシンザン、ミホノブルボン、ナリタブラ
イアン、ネオユニヴァース、メイショウサムソン、アンライバルドといった
馬たちがこのレースを勝った後にクラシック第1弾となる皐月賞へ駒を進め
見事本番でも勝利を飾っている。

 なお、2011(平成23)年は東北関東大震災の影響により1週順延、開催中
止となった中山競馬場ではなく、阪神競馬場の芝1800mで実施される。

 用語 >> 中山競馬場 皐月賞トライアル 皐月賞
 資料 >> トライアルレース一覧

レースの格

G2

開催競馬場

中山競馬場

距 離

芝・1800m

出走条件

3歳牡馬牝馬・馬齢

賞 金

1着:5400万円

レース優勝馬

2006年:メイショウサムソン     [詳細]
2007年:フライングアップル     [詳細]
2008年:スマイルジャック      [詳細]
2009年:アンライバルド       [詳細]
2010年:アリゼオ          [詳細]


すぷりんたーず・すてーくす
 【スプリンターズステークス】

最終更新:2009/10
 中山競馬場の芝1200mで行われているG1レース。スピード自慢の馬が集
結する秋のスプリント王決定戦。春に行われる高松宮記念とともに1200m前
後の距離を得意とする馬の大目標となっている。英字はSprinters Stakesで
スプリンター(Sprinter)は短距離ランナーの意味がある。

 第1回が行われたのは1967(昭和42)年。開催時期は7月、翌年は5月と
定まらないままに行われていたが、第3回からは9月下旬〜10月上旬にほぼ
定着した。その後、1981(昭和56)年にレース時期が春へと繰り上げられた
が、1990(平成2)年にG1へと昇格したのと同時に12月下旬へと改められ
た。ちなみに1984(昭和59)年にグレード制が実施された当初はG3で、G
2へと繰り上げられたのが1987(昭和62)年のこと。2000(平成12)年には
時期が再び変更され、9月下旬に開催されるようになった。

 1994(平成6)年に外国馬へ門戸を開放し、さらに2005(平成17)年には
日英豪の合計6レース(現在は全7レース)で構成されるグローバルスプリ
ントチャレンジの最終戦(現在は第6戦)に位置づけられたことで、より一
層外国馬の参戦が増加する機会が増えることになった。そうした中で2006(
平成18)年にはいち早く国際G1の格付けも獲得し、海外からも注目される
レースになりつつある。

 出走する馬はアイビスサマーダッシュ、キーンランドカップ、セントウル
ステークスを使ってから本番であるこのレースに挑むことが多い。しかし、
後に控えている短距離の重賞スワンステークスやG1のマイルチャンピオン
シップなどを睨んで、前哨戦を使わずにスプリンターズステークスへ直接出
走する馬も少なくない。なお、1995(平成7)年以降は地方競馬の所属馬も
出走が可能となっている。

 用語 >> 中山競馬場 高松宮記念 外国馬
     グローバルスプリントチャレンジ アイビスサマーダッシュ
     キーンランドカップ セントウルステークス
     スワンステークス マイルチャンピオンシップ
 資料 >> グローバルスプリントチャレンジ累年成績

レースの格

G1

開催競馬場

中山競馬場

距 離

芝・1200m

出走条件

3歳以上・定量

賞 金

1着:9500万円

レース優勝馬

2000年:ダイタクヤマト
2001年:トロットスター       [詳細]
2002年:ビリーヴ          [詳細]
2003年:デュランダル        [詳細]
2004年:カルストンライトオ     [詳細]
2005年:サイレントウィットネス   [詳細]
2006年:テイクオーバーターゲット  [詳細]
2007年:アストンマーチャン     [詳細]
2008年:スリープレスナイト     [詳細]
2009年:ローレルゲレイロ      [詳細]


すわん・すてーくす【スワンステークス】

最終更新:2009/10
 京都競馬場の芝1400mで行われているG2レース。スワンはカモ目カモ科
である白鳥の英名(Swan)。京都競馬場の内側の池に生息している他、観戦
スタンドにはグランドスワン、ビッグスワンという名称がつけられていて、
京都競馬場との関係が深い。

 第1回が行われたのは1958(昭和33)年で、当時は春に開催される芝1800
mのハンデ戦だった。その後、1961(昭和36)年に現在と同じ別定戦へ改め
られ、距離も1972(昭和47)年に芝1600mに短縮された。1984(昭和59)年
に秋の短距離王者を決めるG1マイルチャンピオンシップが新設されたこと
により、その前哨戦として距離を1400mに短縮した上でレース時期もマイル
チャンピオンシップの約1ヶ月前へと移された。

 マイルチャンピオンシップ出走を目指す地方競馬の所属馬にも門戸が開か
れていて、3頭を上限に出走可能。スワンステークスで2着までになると本
番へと進めることになる。また、1998(平成10)年からは外国馬も5頭(現
在は9頭)を上限にして出走できるようになっている。

 用語 >> マイルチャンピオンシップ 外国馬

レースの格

G2

開催競馬場

京都競馬場

距 離

芝・1400m

出走条件

3歳以上・別定

賞 金

1着:6000万円

レース優勝馬

2004年:タマモホットプレイ     [詳細]
2005年:コスモサンビーム      [詳細]
2006年:プリサイスマシーン     [詳細]
2007年:スーパーホーネット     [詳細]
2008年:マイネルレーニア      [詳細]

↑ページtopへ