こ/コ

こうべ・しんぶん・はい 〜 ごどるふぃん・まいる

こうべ・しんぶん・はい【神戸新聞杯】

最終更新:2011/09
 阪神競馬場の芝2400mで行われるG2のレース。レース名の神戸新聞は兵
庫県下で発行されている地方紙。

 第1回が行われたのは1953(昭和28)年で、当初は神戸杯という名称で距
離は芝1600m、ハンデ戦という今と全く異なるレースだった。1957(昭和32
)年に別定戦に改められると同時に距離も芝2000mへと延長された。レース
名が神戸新聞杯へ変更になったのは1971(昭和46)年で、この年に定量戦へ
と改められている。10月に開催される京都新聞杯とともに、3歳馬にとって
秋の最大目標となる菊花賞への重要なステップとして親しまれたが、2000(
平成12)年に京都新聞杯が春に移行したことから、神戸新聞杯が以前よりも
重要な意味合いを持つようになった。また、2007(平成19)年には距離が延
長されて2400mとなり、より重要性を増すようになった。

 菊花賞トライアルに指定されていて、このレースで3着以内になると牡馬
クラシックの最終戦である菊花賞へ優先的に出走できる権利が得られる。ま
た、地方競馬の所属馬(3頭以内)も出走可能で、JRAの馬と同様に3着
以内になると菊花賞へ出走する道が開けることになる。ただし、本番同様に
セン馬は出走することができない。

 用語 >> 京都新聞杯 菊花賞 菊花賞トライアル
 資料 >> トライアルレース一覧

レースの格

G2

開催競馬場

阪神競馬場

距 離

芝・2400m

出走条件

3歳牡馬牝馬・馬齢

賞 金

1着:5400万円

レース優勝馬

2007年:ドリームジャーニー     [詳細]
2008年:ディープスカイ       [詳細]
2009年:イコピコ          [詳細]
2010年:ローズキングダム      [詳細]
2011年:オルフェーヴル       [詳細]


こくら・きねん【小倉記念】

最終更新:2011/08
 小倉競馬場の芝2000mで行われているG3レース。ハンデキャップで行わ
れるため、波乱が起こりやすい印象があるものの、実際は人気の馬が順当に
勝つことが多く、2着以下に人気薄が入っての波乱を期待したいところ。

 1969(昭和44)年だけは12月に開催されたが、それ以外は第1回が開催さ
れた1965(昭和40)年以降すべて夏に行われている。また、別定戦で行われ
た1995(平成7)年から1999(平成11)年の計5回を除き、すべてがハンデ
キャップのレースとして行われている。2006(平成18)年には同時期に実施
される七夕賞や函館記念とともにサマー2000シリーズの対象レースとなり、
実力馬の参戦も相次いだ。

 G2やG3で1年を通して活躍する馬と、有力馬が休養している夏の間に
一気に条件戦を勝ち上がった馬が激突するため、力関係の見極めが重要にな
るレース。秋の大レースへ向けても参考になるレースといえる。

 用語 >> 七夕賞 函館記念

レースの格

G3

開催競馬場

小倉競馬場

距 離

芝・2000m

出走条件

3歳以上・ハンデキャップ

賞 金

1着:4300万円

レース優勝馬

2007年:サンレイジャスパー     [詳細]
2008年:ドリームジャーニー     [詳細]
2009年:ダンスアジョイ       [詳細]
2010年:ニホンピロレガーロ     [詳細]
2011年:イタリアンレッド      [詳細]


こくら・さまー・じゃんぷ【小倉サマージャンプ】

最終更新:2011/08
 小倉競馬場の芝3390mで行われている障害レースの重賞で、格付けはJG
3。夏に障害オープンの馬が出走できるレースを作るという意図の元、同じ
くJG3の新潟ジャンプステークスとともに、1999(平成11)年に新設され
た。なお、小倉サマージャンプの新設と同時に、それまで行われていた小倉
障害ステークスが廃止となった。

 スタートしてからしばらくは逆回りとなる左回り(小倉競馬場は右回りの
コース)で走り、途中で襷(たすき)コースを通って、順回りである右回り
でゴールする。ゴール直前の直線には仮設の置き障害があり、最後まで気の
抜けないレースとなる。

 用語 >> 新潟ジャンプステークス

レースの格

JG3

開催競馬場

小倉競馬場

距 離

芝・3390m(障害)

出走条件

3歳以上・別定

賞 金

1着:3000万円

レース優勝馬

2007年:コウエイトライ       [詳細]
2008年:バトルブレーヴ       [詳細]
2009年:エイシンボストン      [詳細]
2010年:ランヘランバ        [詳細]
2011年:ドングラシアス       [詳細]


こくら・だいしょうてん【小倉大賞典】

最終更新:2010/02
 小倉競馬場の芝1800mで行われているハンデのG3レース。初春の小倉開
催を締めくくるレース(2009年は開幕週に開催)で、毎年のように有力騎手
が参戦するため、地元ファンの注目度が非常に高い1戦。

 第1回が行われたのは1967(昭和42)年。第1回を含めて夏に開催された
ことが過去に3回あるものの、それ以外はすべて初春の時期に実施されてい
る。ハンデキャップで開催されることもあって、順当な結果に終わることは
少なく、1番人気の馬やトップハンデの馬が結果を残せずあっけなく敗退す
るケースも少なくない。

レースの格

G3

開催競馬場

小倉競馬場

距 離

芝・1800m

出走条件

4歳以上・ハンデキャップ

賞 金

1着:4100万円

レース優勝馬

2006年:メジロマイヤー       [詳細]
2007年:アサカディフィート     [詳細]
2008年:アサカディフィート     [詳細]
2009年:サンライズマックス     [詳細]
2010年:オースミスパーク      [詳細]


こくら・にさい・すてーくす【小倉2歳ステークス】

最終更新:2011/09
 小倉競馬場の芝1200mで行われている2歳馬限定のG3レース。小倉での
2歳戦を締めくくるレースで、このレースを勝つと、小倉の2歳チャンピオ
ンとして、秋の阪神や京都で行われる重賞へと挑むことになる。

 1965(昭和40)年にオープン戦の小倉3歳ステークスとして行われたのが
レースのはじまり。1981(昭和56)年に重賞となり、現在へと至っている。
なお、2001(平成13)年に馬の年齢表記が数え年から満年齢に改められた際
レース名が現在の小倉2歳ステークスへと変更になった。距離は第1回から
1度も変更されていない。暮れの2歳G1レースや翌年の3歳クラシックで
活躍する馬を輩出していなかったために、勝ち馬の評価が低いこともあった
が、2001(平成13)年のタムロチェリーが暮れの阪神ジュベナイルフィリー
ズを勝ったこと、2003(平成15)年のメイショウボーラーがその後に活躍し
たことなどからその評価も改められつつある。

 オープンのフェニックス賞で2着以内になった地方競馬の所属馬も出走す
ることができ、さらにここで1着になると、朝日杯フューチュリティステー
クスか阪神ジュベナイルフィリーズへと出走する権利が与えられる。

 用語 >> 阪神ジュベナイルフィリーズ
     朝日杯フューチュリティステークス

レースの格

G3

開催競馬場

小倉競馬場

距 離

芝・1200m

出走条件

2歳・馬齢

賞 金

1着:3200万円

レース優勝馬

2007年:マルブツイースター     [詳細]
2008年:デグラーティア       [詳細]
2009年:ジュエルオブナイル     [詳細]
2010年:ブラウンワイルド      [詳細]
2011年:エピセアローム       [詳細]


ごどるふぃん・まいる【ゴドルフィンマイル】

最終更新:2008/05
 アラブ首長国連邦ドバイ・ナドアルシバ競馬場のダート1600mで実施され
ているG2レース。英字表記はGodolphin Mile。

 ゴドルフィンマイルの前身となるのが1994(平成6)年2月24日に行われ
た第3レース。翌1995(平成7)年にはレース名がザ・キーンランドマイル
(The Keeneland Mile)となり、前年同様にロストソールダーが勝利した。
更に翌1996(平成8)年から開催時期がドバイワールドカップと連動するよ
うになり、それと同時に名称もナドアルシバマイル(Nad Al Sheba Mile)
へと改められた。2000(平成12)年になって現在の名称であるゴドルフィン
マイルとなり、翌2001(平成13)年にG3、2002(平成14)年にはG2の格
付けが認められている。

 国際レースとなった2000(平成12)年には出走条件が4歳以上となってい
たが、翌年からは南半球生まれの3歳馬にも門戸が開かれている。フェブラ
リーステークスと同じダート1600mで行われているものの、実力馬はゴドル
フィンマイルと同日に行われるドバイワールドカップに出走することが多く
日本馬による参戦は数少なかった。そんな中で2006(平成18)年に武豊騎乗
のユートピアが出走し、見事優勝を飾った。

 用語 >> ドバイワールドカップ フェブラリーステークス

レースの格

G2

開催競馬場

UAEドバイ・ナドアルシバ競馬場

距 離

ダート・1600m

出走条件

北半球4歳以上/南半球3歳以上・定量

日本遠征馬

2000年:タガノサイレンス(6着)
2001年:ノボトゥルー(9着)
2006年:ユートピア(1着)
2007年:フサイチリシャール(6着)

レース優勝馬

2000年:コンフリクト
2001年:フェスティバルオブライト
2002年:グレイメモ
2003年:ファイアーブレイク
2004年:ファイアーブレイク
2005年:グランドエンポリウム
2006年:ユートピア
2007年:スプリングアットラスト
2008年:ダイヤモンドストライプス

↑ページtopへ