駄馬のメインページへ
--- ▼ 最近の記事 ▼ ---
--- ▼ コメント ▼ --
--- ▼ 記事ジャンル ▼ ---
--- ▼ アーカイブ ▼ ---
--- ▼ 書いてる人 ▼ ---
Other

フィードメーター - だばろぐ

【告知】新ブログ『Turfwave525』を開始いたしました。
URLはこちら → http://www.turfwave525.net/
だばろぐは更新停止となります。ブックマーク、RSSの変更をお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
だばろぐでの人気記事
ウイニングポスト実名化2008-2-  2008の完全データを公開。大人気!
Winning Post World 2010実名化  ワールドでも実名化ファイル公開!
鼻セレブ名馬シリーズ  さっそく2種類とも購入して撮影したり堪能したり
ウインドインハーヘアの血  ディープ菊花賞直前に血統を振り返る

新ブログ『Turfwave525』へ移行します

 ブログ上部にも告知を出しましたが、新ブログ『Turfwave525』を開始しました。それに伴い、当ブログ『だばろぐ』の更新は停止となります。

 『Turfwave525』 http://www.turfwave525.net/

 新ブログと言いつつ、名前は数年前にやっていたブログと同名だったりもするのですが(笑) Wordpressを使い、独自ドメインを取った上で、写真満載のブログに仕上げました。ちなみにページ上部にある横長の画像はアクセスする度に切り替わります。いまは5パターンぐらいあったハズ。

 『だばろぐ』の記事ログを引き継ぐことも考えましたが、今まではあくまでもwebサイト『駄馬』に付随するものとして更新していた部分が大きく、また記事の修正作業なども発生するため、新ブログへの記事引き継ぎはしていません。だばろぐ自体も更新は止まりますが、記事そのものは残しておく方向でいます。たまに戻ってきて懐かしい記事に懐かしむという楽しみ方もアリかなと(笑)

 というわけで、『だばろぐ』から更に進化した(ハズの)『Turfwave525』を今後ともよろしくお願いいたします。
ニュース | comments (0)

出資馬初勝利をあげました

 2011年12月10日の小倉3Rで、グラーネが1着となりました。

 個人的にはこれが出資馬での初勝利。重い重い肩の荷が下りたような気がして、ほっと一息。実感はあるような無いような、なんだか不思議な心境ですね。

 2001年度の1歳募集馬だったマイネルセントウルに出資したのは、記憶が確かならば、明け2歳になった2002年初春。デビューは遅れに遅れて、出資からさらに1年後の2003年1月6日。金杯の翌日で、しかも月曜日。昼休み直後ということもあって閑散とした中山競馬場で、パドックから本馬場入場、レースとひたすら1頭だけを見つめて追いかけたのを思い出します。

 当時は、そして最近まではずっとラフィアン(=マイネル)1本。それでも、当時から他クラブの動向も注視していて、カタログを取り寄せたり、各種掲示板で情報を集めたり。新たに社台グループと提携を開始したキャロットクラブもその対象でした。リニューアル2年目のカタログ冒頭に載っていた母トリッキーコード(後のハットトリック)は抜群に良く見えましたが、自分が出資するならと思いを馳せたのは母ホワイトトルネード。1996年のJCを制したシングスピールの産駒で、彼女の品のある顔つきが今でも深く印象に残っています。

 それから時は流れ。大レースで社台グループの馬ばかりが勝つ状況に、指をくわえて見ているだけでは我慢が効かなくなって、ついにキャロットへ入会。2歳の早い時期、具体的には夏の新潟からバリバリ走ってくれそうな馬ということで父フジキセキ×母カツラドライバー(エフティマイア全弟)をチョイス。あと、もう1頭にと選んだのは、ずっと恋い焦がれた血統。

 グラーネは父ネオユニヴァースに母ヴォークリンデという血統。そのヴォークリンデこそが、あの時焦がれたホワイトトルネードの娘。

ヴォークリンデ

 今日の小倉競馬場で、10年近い片想いがようやく。ようやく叶いました。
愛馬・一口馬主 | comments (2)

BRFツアー2011

 宝塚記念の週に毎年行われるビッグレッドファームツアーに、今年も参加してきました。去年のツアーで運よくペア招待券を引き当てたので、今年は参加費がなんとタダ! 毎年毎年勝てないのにひたすらお布施をしてきた甲斐がありました(笑) こうしてまたお布施をする日々が続いていくわけですが……

 さてさて、2日間にわたるツアーではラフィアンで募集される現1歳馬や種牡馬をひたすら見学。牧場で飲むビールの誘惑を断ち切りながら募集馬を真剣にチェックし、それでも時間が経つにつれて誘惑に勝てなくなっていき、段々と酒を入れつつ判断力がなくなった辺りで「今年はこの馬で間違いない!」と間違いな判断をして帰ってくるのが毎年の恒例になりつつあります(笑) まぁ雰囲気を楽しみ、他の会員さんとの交流を楽しみ、馬との触れ合いを楽しむ場所ですね。まさに競馬好きだらけの修学旅行です。

 そんなツアーでは今年も多くの方に大変お世話になりました。もう何年もツアーでご一緒させていただいている方、関西からわざわざ羽田経由でご一緒してくださった方、パーティーで酔っ払ってハメはずして一緒に騒いだ方、10年続けているのに未勝利なのかよと笑いつつも真剣にアドバイスしていただいた方、落としていることさえ気づいてなかった財布をひろってくださったクラブの方。若輩者ゆえになかなか恩返しができずにもどかしいところですが、せめて来年のツアーでは「ようやく出資馬が勝ったんですよ!」と報告できるよう、精進したいと思っています。

 で、肝心の出資候補馬。まだ悩んではいるのですが、抽選覚悟で30番台のあの馬にいこうと思っています。手足が長くて軽くて、マイネルパシオンのような雰囲気を感じています。(実績での当選は到底かなわないので)抽選で落ちた場合にはディープ産駒かダート血統のあの馬ですかね。他にも何頭か気になっている馬はいますので、もうしばらく悩んでみたいと思います。あと、一応募集馬すべての写真を撮ってきましたので、東京近郊の方ならばそれを見ながらの出資検討会とかもできますよ(笑)
愛馬・一口馬主 | comments (0)

出資馬の近況-2011年05月-

 かなり忘れかけてましたが、出資馬の近況を。血統などは前回分にありますので、そちらも参照しながらご覧くださいませ。あと6月入ってからの情報も盛り込んでおります。

 → 出資馬の近況-2011年04月-

マイネルデフィ(牡3・未勝利)
 栗東から転厩しての初戦は東京ダート1400mで12着。そして新潟ダート1800mで5着。初戦の方は後方からの競馬で見せ場すら無い形になってしまい、次は先行してそのまま粘り込む走りをしてほしいなぁと思っていたのですが。2戦目はスタートで前目につけるもジリジリ下げ、向こう正面に入ったあたりで押し上げて最後に脚がなくなる競馬。いったん下げたあとにムダに脚使っちゃったなぁと正直不満の残る1戦。

 というかですね。初戦で吉田隼人が乗ってくれたのに、次に丹内に戻すあたりの騎手選定に不満タラタラです。吉田隼人だけではなく、ローカルの鬼である中舘や丸山が空いているのに何故そちらを使わないのか。下位の騎手でかためる意図がわからないし、まかりなりにも打倒社台を目指すなら馬の仕上げも騎手の選定もキチッとすべき。いやもう我慢の限界が近づいてます。

マイネクォーツ(牝3・未勝利)
 ダート1400mで5着、芝1400mで8着とここまで来ていて、ラフィアンの主戦松岡にチェンジして挑んだダート1400mで連続の3着。ともに牝馬限定ではありますが、まずはキッチリ馬券に絡んできたのは良い傾向。こちらも最後伸びないあたりがもどかしいのですが、1戦ごとに粘りが増しているので、先手をとってそのまま粘り込むレースに持ち込めれば念願のVが見えてきそうな感じ。こちらはぜひとも騎手固定でこのまま行って欲しいところ。パドックなどでカリカリしはじめたのがやや不安要素。一旦BRF鉾田に出される予定で、夏のラストチャンスに挑むことになりそうです。

マイネルレジェール(牡2・新馬)
 引き続きコスモヴューファームで調整されているブライアンズタイム産駒。後肢が緩いタイプのようですが、傾斜のない平坦コースではまずまずの動きだそうで。ゲート練習も順調のようですし、夏を越してさらに成長してくれればという感じでしょうか。

エースドライバー(牡2・新馬)
 エフティマイアの全弟で、POG本にもチラホラ出ている注目株。5月11日に早くも入厩してゲート試験もパス。中山デビューだとか姉に騎乗していた蛯名に調教またがってもらうとか嬉しいコメント連発で、早くもワクテカが止まりません(笑) 血統的にも馬体的にも早めからの感じですし、とにかく順調にデビューを迎えてほしいなと。デビュー戦は6月25日の中山・芝1200m予定とのこと。ラフィアンツアーで見られないのは何かの呪いだろうか(苦笑)

グラーネ(牡2・新馬)
 ある意味キャロットのリニューアル(ハットトリックとかの時期)から目をつけていた血統で、思い入れの部分ではエースドライバーやラフィアンの馬にも負けていないネオユニヴァース×ヴォークリンデの仔。引き続きノーザンファーム空港牧場で乗り込まれています。オークスを勝ったエリンコートの厩舎なので、流れが向いてきてる感じですね。


 ということで悲喜こもごもな一口ライフ。6月は早ければエースドライバーのデビューとなりそうですし、月末には毎年恒例のBRF牧場ツアーにも参加します。ちなみに牧場ツアーは無料でペア招待の権利を引き当てているのですが、同行者がキャンセルになってしまったので、ひそかに代わりの同行者を募集中です(笑) 宝塚記念の週(6/25・26)に予定がない方で興味がある方はメールやコメント欄でお知らせくださいませ。
愛馬・一口馬主 | comments (2)

2011年POG本発売スケジュール

 今年もPOGのシーズンがやってきました。2010−2011シーズンはマルセリーナ、リフトザウイングス、ベルシャザール、ミッキーマスカットあたりをピックアップできて、まずますの成績になってるので、来年もこの調子でいきたいなと。あ、レーヴディソールとかオルフェーヴルとかは宗教上の理由により全くノーマークでした(笑)

 この時期に合わせてPOG関連本も大量に発売されるので、うまく参考にして指名したいなと。ということで発売スケジュールを今年も掲載してみます。

 丸ごとPOG2011〜2012
 発売:5月9日(月)
 発行:サンケイスポーツ
 価格:1600円
 ギャロップが毎年発行しているPOG本ですね。産地馬体検査で収録したDVD付き。とりあえず動画が見たい、ギャロップ派orサンスポ派だという方はコレをどうぞ。本屋で置いていることは少なく、駅売店やコンビニで入手することになります。Amazonも出てこないのでリンクはギャロップ公式になってます。

 POG虎の巻(2011〜2012)
 発売:5月9日(月)
 発行:デイリースポーツ
 価格:300円
 去年くらいからデイリースポーツ(馬三郎)が出している媒体。本としてではなく、夕刊フジや夕刊ゲンダイのようなタブロイド紙タイプでコンビニに並びます。去年は馬三郎のヤクザ、じゃなかった弥永さんと山本英俊オーナーとの対談が非常に読み応えありましたね。『シャガールの下(ピカソ)は厳しい』と明言してましたし、なかなか突っ込んだ内容だったので今年も購入予定。

 競馬王のPOG本2011-2012
 発売:5月13日(金)
 発行:白夜書房
 価格:1500円
 毎年スルーしてる競馬王のPOG本。文章中心で読ませる内容です。あとは知らん(笑)

 POGの達人2011-2012
 発売:5月14日(土)
 発行:光文社
 価格:1600円
 須田鷹雄氏監修の通称「赤本」。写真派にも文章派にも嬉しい内容となっています。前シーズンの期待ハズレに終わった馬を取り上げる「イケてなかった馬列伝」のために毎年買っている人も多いのでは。もう8年ぐらいの付き合いになるでしょうか。今年も買います(笑)

 ザッツPOG2011-2012
 発売:5月16日(月)
 発行:東京スポーツ
 価格:290円
 「POG虎の巻」の東スポ版といった形で、こちらもタブロイド判。コンビニ・売店だけではなく、Amazonでも予約できるようです。種牡馬別やクラブ別の産駒リストが充実していた記憶が。

 2011-2012最強のPOG青本
 発売:5月17日(火) → 23日(月)変更
 発行:ベストセラーズ
 価格:1575円
 内容の充実ぶりから、赤本に次ぐ存在として毎年注目を集めていた通称「青本」ですが、どうやら丹下日出夫氏が監修から離れてしまったようで今年はちょっと様子を見たいところ。内容が未知数なだけに店頭でしっかりチェックしたいですね。順当ならこの本を基準にして指名馬を毎年決めていたんですが、今年はちょっと変更せざるを得ないかも。

 丹下日出夫の勝てるPOG
 発売:5月中 → 18日(水)変更
 発行:日本文芸社
 価格:1575円
 ということで青本から離れた丹下氏監修と思われるのがコチラ。まだAmazonではページすら出来ていないですし、どんな内容になるかは全くの謎。


 優駿、サラブレ、UMAJIN、最強の法則でも特集が組まれると思いますので、それぞれ立ち読みでもしながら自分に合ったものをチョイスするのが良いと思います。そういってると片っ端から購入することにもなりそうですが(笑)
中央競馬 | comments (0)