<画像>駄馬ロゴ

まずは流れをつかもう
---- ▼ 戻 る ▼ ----

駄馬の中心となるページ

競馬を1から解説します

  実際に競馬場へと足を運ぶ前に、まずはテレビ中継で競馬のおお
 まかな流れを見てみましょう。競馬中継は一部の地域をのぞき、週
 末の午後3時頃から行われています。テレビ画面に似せた写真を掲
 載していますので、番組が見られない場合でも、ここでおおまかな
 流れをつかんでおくと理解がしやすくなります。

■ レースの前にパドックで
  レースの前に放送されるのが「パドック」の模様です。たくさん
 のファンが取り囲んだ円形の広場のようなところを、毎日世話をし
 ている人に付き添われて馬が周回します。このパドックでは、レー
 ス直前の馬の状態をチェックすることができるため、馬券を買う上
 での参考にもなります。テレビの中継ではベテランの解説者が1頭
 1頭の健康状態や体型、レースで活躍できるかどうかを解説してく
 れます(当然、解説がはずれてしまうこともありますが……)。
馬が入って来る前のパドックの様子。馬は茶色の部分を周回します
左にあるのはレースの各種情報を流す電光掲示板

上の写真の対角線上から撮影したもので、奥は観戦スタンド
実際に馬が入ってきてますが、午前中の写真なので観客は少な目



■ コースに入場
  パドックを回った後に騎手が馬の背に乗って、実際に走るコース
 へと姿を見せます。観客の声援に驚いてしまったり、暴走したりす
 る馬もいるので、ここでの馬の様子も馬券を買うときの参考になり
 ます。大半の馬はレースの前の準備運動とばかりに軽く走って体を
 ほぐし、コースの隅でスタートの時を待ちます。
コースへと向かう騎手と馬。花壇の向こうに見える芝の
部分がコース。右上の画面にはコースを駆け抜ける馬の姿も

管理している人が馬を引くのはここまで。後は馬と騎手だけ
コースを軽く走って目前に迫ったレースのスタートに備えます



■ いよいよレース本番
  時間がくると「ファンファーレ」が鳴り響いてレースがスタート
 します。馬によってはタイミングが合わずに遅れてしまうことも。
 アナウンサーが早口でそれぞれの馬の位置を伝える中、距離が短い
 レースでは約1分、長いレースでも3分ほどでゴールとなります。
 レースが終わるとすぐに馬の順位が発表され、どの馬券が的中した
 のかもすぐに確認できます。テレビ中継は先ほど行われたレースの
 分析や次の週に行われるレースの紹介とともに終了となります。
「スターター」と呼ばれる係がコースに異常が無いことを
確認して、いよいよスタートのときを迎えます

「スターティングゲート」の扉が開くと同時にスタート!
出遅れないように騎手も、そして観客も緊張の一瞬です

それぞれの馬と騎手が全力を尽くしてゴールへ向かいます
最初から飛ばすのか?後半追い上げるのか?ペース判断も重要です

ゴールの地点に設置されているのが「ゴール板(ばん)」
1着を目指してすべての関係者と競走馬が日夜奮闘しています